引越し業者 ランキング

引越し業者のランキングが気になると思います。
引越しを問題なく済ませたいし、出来れば必要以上のお金を掛けたくないと思うからです。
結果的に引越し料金が安ければ、嬉しいですよね?

引越し業者 ランキング

結論を言いますと、
私は引越し業者のランキングのような他人の評価軸では判断していません。
実際に見積もりを取り、その後の契約に至るまでの引越し業者の対応から判断しています。

他人の評価軸で判断しない理由は明らかです。
それは場所により引越し業者は異なりますし、引越しの条件によっても異なると思うからです。
そのうえ、引越し業者とのコミュニケーションや情報共有によって、段取りが変わってきます。
この辺をテキトーにしてしまうと、想定外のことが起こりやすくなります。
結果、引越しの評価を引越し業者だけに責任を押し付けるのはフェアではないと思うからです。



引越し業者 おすすめ

友人や知人から、「おすすめの引越し業者はどこ?」と訊かれることがあります。
実はこれ、私にとってザックリしすぎて返答に困る質問のひとつです。

と言いますのも、
以前にも書きましたとおり、引越しの内容によって、適した引越し業者が異なります。
引越しする場所によっても異なります。

大手の引越し業者ずべてが良くて、中小はすべてダメというわけでもありません。
中小の引越し業者でも、良いところは良いです。
(ただし、一般的には大手の方が多少高くても失敗が少ない)

仮に、中小の引越し業者をおすすめしたとしても、全国を網羅しているわけではありません。
また、同じ引越し業者でも、営業所によって多少異なることがあります。
引越し業者 おすすめ
このように、おすすめの引越し業者を考える際、
(または口コミや評判などを考慮するにしても)
他人の評価軸を元に、引越し業者を会社単位だけの要素で判断するのは危険です。

良い引越し業者を見極めるポイントを把握しておくことが重要です。


「引越し達人セレクト」見積もり

引越し業者

引越し業者は大きく分けて2種類あります。
トラック数台で地元の地域に密着した小規模の引越し業者とテレビなどでお馴染みの全国展開している大手の引越し業者です。

双方の引越し料金を比較した場合、地元地域に密着した引越し業者の方が安い傾向ですが、引越し内容によっては、地域密着型の引越し業者へ引越しを依頼しても断られる場合があります。
引越し内容とは、旧居と新居との距離と立地条件、そして荷物の量と引越し時期のことです。

例えば、距離で言えば、日本国内の長距離運送、海外への引越しなどです。
また立地条件で言えば、旧居または新居が高層マンションで、エレベーターではなく、クレーンやリフトなどの特殊な機材が必要になるケースです。
これらのケースを地域密着型の引越し業者が引き受けないと、一概には言えませんが、引越し業者大手でないと引越し作業できない可能性があります。
引越し業者
どちらにしましても、引越し業者から見積もりを取らないことには何も始まりません。
引越し業者から見積もりを取れば、引越し可能か否かがある程度分かります。

《 ズバット引越し比較 》
大手多数!厳選引越し業者100社以上参加!


あなたがどの引越し業者を選ぶかは、見積もりを取った後に考えれば良いのです。
旧居と新居との距離、旧居と新居の立地条件、引越しの荷物量と時期、これらの情報を整理し、良さそうな引越し業者を数社選び、相談してみましょう。